2008年 11月 13日

東大寺で木材のことを想う

cimg4451.JPG
 
この大きな木はなんでしょう?

 

これは、元禄年間に再々建された東大寺大仏殿(金堂)に使用されていた柱です。

周囲が3.65mとありますから計算上は直径約1.2mあるのでしょうか。

樹種は杉です。

杉を見ると、なぜだか血が騒ぎます。ザワワ・・・^^

 


cimg4377.JPG  
東大寺金堂は創建時(753年)、横幅86.1m(現在は57m)もあったと言われています。

でも、竣工後まもなく軒は下がり、乱れ、建物は歪み、支柱が必要な始末となったようです。

1180年、平重衡の南部焼き討ちにより、奈良時代創建時の東大寺は伽藍の大半を失いました。

鎌倉時代、復興の責任者に任ぜられたのが重源上人でした。

復興するには、膨大な経費と共に巨大建築の構造をどうするかという問題がありました。

再建にあたり従来の構造は採用できず、柱や梁などの長特大材の調達は困難だったのです。

金堂は、直径1.5mもの柱が数十本も必要です。


 


重源が復興させた鎌倉時代は日本の歴史の中でも屈指の建築ラッシュの時代です。

奈良時代に建てられた建物が築後約400年を過ぎ、老朽化が進んでいて、

根本的な大修理、または建て替えの時期を迎えていました。

このころ、近畿一円の山から直径1.5mの柱がとれる檜の大材はなくなっていました。

重源は周防国(すおうのくに・現山口県)で巨大な檜を調達します。

構造では、中国の建築技術を取り入れました。

この様式は、金堂(大仏殿)に使われたことから大仏様といわれます。

金堂以外にも南大門や法華堂礼堂などにも採用されています。

しかし、大仏様は豪壮すぎたのか日本には馴染まず、重源が亡くなると急速に衰退します。


cimg4370.JPG
(東大寺南大門の柱と貫↑)

 
ところが、その技術の中で、今日まで使われている技法があります。

それが貫(ぬき)の使用です。

貫とは、柱に穴をあけ、貫き通している部材です。

貫工法の出現により、太い柱や長押(なげし)などは必須の構造材ではなくなりました。

「日本の気候風土に合っている」と表現される、古い木造の建物の多くは貫構造が応用されたいます。

たとえば西日本で見られる古民家の土壁の中には貫があるのです。

ちなみにこの工法は、

同じ木を使った構法でも、現代の在来工法とはまったく異なった力学だそうです。

それを私は、便宜上、「伝統構法」と呼ぶことにしています。


 

建築ラッシュの奈良時代。その400年後に修復された鎌倉時代。

さらに400年後が西暦1600年前後、桃山から江戸時代初期です。

この時期に、現大仏殿(金堂)が再々建されています。

 

それから400年後が2000年ですから、現代となります。

昭和にされた東大寺の大修復は、そんな歴史的なサイクルの中にあるようです。

コメント(5)

コメント(5) “東大寺で木材のことを想う”

  1. 深山 聡子on 2008年11月15日 at 22:17:17

    スケールの大きさに圧倒されてしまいます。
    お子さん達、可愛いですね!

  2. たにむらon 2008年11月17日 at 23:57:39

    杉岡さんのブログはとても勉強になります。

    日本の歴史的建造物について、最近になって興味が出てきました。
    中学・高校の修学旅行で京都・奈良に行きましたが、
    全然面白いと思えなかったんです。(もったいない~)

    専門家のお話はとても面白いです!

  3. adminon 2008年11月18日 at 9:09:30

    深山さま
    親と一緒に喜んで旅行してくれるのは
    小学校までと聞きますから、
    今のうちに楽しんでおかないと。。。
    と思い、あちこち連れ出していま~す^^

    谷村さま
    修学旅行の時は×××っていうのは
    ほとんどみなさんそうみたいですよ^^
    小さい時ピーマン食べれなかったのが
    いつのまにやら美味しく感じるようになっている・・・
    そんな感じなのでしょう…(笑)

    長持ちしている木の建物は、
    環境教育を考えるとき面白い題材になると思うんです。
    東大寺などを維持していくには、
    400年サイクルで木を育てる必要があるわけですからね!

  4. ショコリンon 2008年11月18日 at 11:23:01

    ですよね。いきなりこんなでっかい木って言われても。。。
    400年。こちらもでっかい時間です。
    昔の人のでっかい感覚。

    お子さんたちにでっかいデッカイものを見せるのってすごくいいですね。
    私も心がけます!

  5. adminon 2008年11月18日 at 16:19:06

    ショコリンさ~ん!
    いつもコメントありがとうございますぅ(うるうる)

    木の樹齢は年輪を数えればわかります。
    ところが柱に使われていたこの木の樹齢はわかりません。
    なぜでしょう?
    理由を少し説明します。

    木には外周の白い部分と内部の赤い部分があります。
    白い部分は風雨に曝されると耐久性が低く、
    すぐに腐れてしまいます。そこで高い耐久性を要される
    建物の柱などは、外周の白い部分は削り取ります。
    さらに、梢に近いほうの直径に合わせて削るので、
    仮に下から20mの柱材の直径が1.2mの場合、
    立木のときの人の胸の高さの直径は
    2mだったり3mだったりするのです。
    それだけ多くの部分を削り取るので、
    部材になってしまった木材の年輪を数えても
    樹齢はわからない、推測するしかない、
    ということになります。

    ちなみに、現在、奈良で復元されている
    平城京の太極殿の柱は樹齢800年ほどの
    ベイヒバと呼ばれる輸入材が使用されました。また、
    法隆寺修復の際は、樹齢1000年以上の台湾檜が使用されています。

    以上のようなことから、あくまで400年というのは目安です。
    このような建物を守るとき、少なくとも400年サイクルで
    木を育てることを考えなければならない、ということになります。
    400年ごとに大修理されているのは確かですからね^^

    実際に、この木の樹齢がいかほどと推測されているのか、
    は調べてみますね。

コメントを残す