アーカイブ 「住まいのモノサシ」

2016年 9月 26日

『住む。』59号(2016秋)


いま書店に並んでいる『住む。』59号。
連載企画である「家をつくるなら、近くの山の木で 57」(108~119頁)
の取材をお受けしたのは7月の終わり、夏真っ盛りの頃でした。
取材で訪ねた建築工房悠山想(ゆうざんそう)設計施工による甘木の家は、
手刻みの木組み、土壁+しっくい、木製建具の開放的な空間。
写真家Yさんの緊張感みなぎるお仕事ぶりを横目に、
取材のほうは まったりとした雰囲気で経過していきました。
  

なぜ、私は杉にひかれるのか。
“Big Why” を探りに旧小石原村の行者杉の森を訪ねました。
最近は、幼少の頃に思ったこと、感じたことが、
そのときの場面とともに突然フラッシュバックする瞬間があります。
取材の翌月には、行者杉を手植えした行者たちが修行に入った
霊峰「英彦山(ひこさん)」を二度訪問しました。
今回の取材をきっかけに、長年抱いてきた疑問がほぐれてきました。
おかげで今、充実した日々を送っています。
  

『住む。』59号、まずは書店で、ご高覧いただけましたら幸いです。
http://sumu.sakura.ne.jp/numbers/59.shtml
 
ちなみに「住まいのモノサシ」には、「甘木の家」の写真を使った記事が2つあります。
「19 子ども部屋」「20 縁側」です。 

コメント(0)

2016年 3月 18日

住まいのモノサシ42 家とは~家族のかたち 大切に

カテゴリー 住まいのモノサシ

今月ついに最終回をむかえました。
取材に伺ったり、写真を拝借したり、相談したり、応援いただいたり、
本当にたくさんの方々のお力添えのおかげで、3年半走り続けることができました。
心より御礼申し上げます。ありがとうございました!
それにしても3年半は長かった。
これからは文章ではない「締め切り」を月毎に設定して、
のびのびやろうと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメント(0)

2016年 2月 20日

住まいのモノサシ41中古住宅~「木と土の家」に改装

カテゴリー 住まいのモノサシ

いよいよ来月で最終回です。
今回は一般紙の「くらし生活」欄であるという初心に戻り、
ですます文体で、3年半を振り返りました。
昨年、私は住まいを替えました。
様々な事情で引越しを余儀なくされ、ここ十数年で4回目となります。
RC造の1階、木造の平屋、RC造の4階、そして今回は木造2階建てです。
Wチャーチルの言葉に
「人が住まいをつくり住まいが人をつくる」
というものがあります。
家移りの中で、住まいにより人の心持ちに変化が生じる、
と実感する場面がこれまで多々ありました。
今回も私を含め家族の変化を、注意深く観察しようと思っています。

コメント(0)

2016年 1月 23日

住まいのモノサシ40 木材~「節約」から「使用」へ

カテゴリー 住まいのモノサシ

いよいよ私にとっての本題である「木材」がテーマ。
『住まいのモノサシ』も今回で40回となりました。
3月で最終回となります。
あと2回、悔いのないよう尽くしたいと思います。

コメント(0)

2015年 12月 18日

スギ~資源活用 数寄屋造り

カテゴリー 住まいのモノサシ

今回は、二つの時代の「杉だらけ建築」の話です。
日頃は「二つの杉普請」と言っていますが、
「普請」という言葉の説明が必要なので今回は避けました。
魚は「切り身」で見ても、魚種を見分けられる人はけっこう多いように思います。
でも、木の場合は、建築士であっても樹種を見分けられないという人が増えています。
食べ物と一緒で、切り身から、元の素材を想像できたら、
そして、作る過程をイメージ出来たら、
もっと住まいづくりは楽しくなるのではないかと思います。

コメント(0)

2015年 11月 20日

住まいのモノサシ㊳「室町時代」加工発達 マツ主役に

今年の4月、設計者の丹呉明恭さん、大工の池上算規さんと一緒に大阪府、兵庫県を旅した。
来年おそらく実現されるであろう、新築の茅葺き民家をつくる構想のためだ。
今回の二つの千年家の写真はそのときのもの。
この日は小野市にある、重源創建の浄土寺も訪れた。
浄土寺は檜普請なので、クリ、マツ、ヒノキの建築を一日で見て回ったことになる。
 
重源による東大寺の復興は、
建久元年(1190年)に上棟、建久6年(1195年)に大仏殿完成。
東大寺南大門は正治元年(1199年)復興。
浄土寺は建久年間(1190年~1198年)の創建であるから、
浄土寺のヒノキも、山口の徳地のものではないかと推測している。
ご存じの方は教えてください。


 
小野市浄土寺 板倉の建物

 
南面した柱の大節

コメント(0)

2015年 10月 16日

住まいのモノサシ37 縄文時代~主食のクリ 建築材に

わが国の木の建築の源流は竪穴住居です。
もう随分前になりますが、建築系の学校を出ていない私は、
そこに用いられた木がクリをはじめとするコナラ系の木々である、
と知ったときには驚きました。
今回、写真で使った竪穴住居は、
岩手県北上市の「みちのく民俗村」にあります。
何もないところに建物だけ復元してあるのとは違い、
クリやマツの林の中の、少し小高いところに再現されていて、
当時の住まいの雰囲気がよく伝わってきました。

コメント(0)

2015年 9月 18日

住まいのモノサシ36 適材適所~太古から独自の文化

カテゴリー 住まいのモノサシ

本連載も今回で丸3年となりました。
4年目を迎える次回から、いよいよ適材適所について考えます。
わが国の山々は、気候の変化や人間の営みにより変化をとげ、
先人たちの木の生かし方もそれに伴い変化していきました。
今後、建物などに どんな木をどう使えばよいか。
それとともに、山々に育む木をどうすればよいか、
考えてみたいと思っています。


コメント(0)

2015年 8月 21日

住まいのモノサシ35 伝統構法~部材の再利用を徹底

カテゴリー 住まいのモノサシ

ご批判も多い本シリーズ。
しかし、機会を与えられている以上、書かずにはおれず、
木組みに対する気持ちもふくらむ一方です。
好きだから仕方がない。そう思います。

コメント(0)

2015年 7月 17日

住まいのモノサシ㉞和の家から~感性取り戻す特効薬

カテゴリー 住まいのモノサシ

『住まいのモノサシ』とは何か。
この連載を始めて以来、軸にしてきたのが、
今回記事で書いた「文化のモノサシ」です。
このテーマについて考え、より深めるために、
毎月苦しみながら駄文を綴っています。
司馬遼太郎は、「文化」を不合理と定義しています。
引用していて言うのもなんですが、それは間違いだと思います。
文明とは部分合理的もので、文化とは全体合理的ものである、
と私は考えるからです。
ご一読いただけましたら嬉しいです。

コメント(3)

Next »