2010年 5月 24日

「土と木の家」完成見学会を終えて

 
(5月27日。写真を変更しました。)
************************************************
5月22~23日の二日間で開催した「土と木の家」完成見学会が無事終了しました。
二日目であった昨日は、生憎の雨模様でしたが、それでも前日同様に
50組余り100名を超える方々におこしいただき、
延べ100組200名以上の方に足を運んでいただきました。
交通の便の悪い中、本当にありがとうございました。
礼を失したことも多々あったと存じますが、何卒ご容赦くださいませ。
 
今日は、そのときいただいたアンケートの中から、
嬉しいコメントの一部をご紹介したいと思います。
 
**************************************

◎木の香りがとても気持ちよかった。
◎お風呂場や台所など水廻りにも木が使われていて使い勝手もよさそうでした。
◎明るくて清々しい森の中にいる様な気持ちになりました。
◎新聞を読んでいたけれど、今回はじめて生で体験し興奮しました。
◎子供がハイハイしたら気持ちよさそう。
◎本当にしっかりしていて、住みやすい家とはどういうものか参考になった。
◎現在マンション暮らしですが、木の家に住むという豊かさをとても感じました。
◎どこまでも繊細な感じで仕上げてあり、大変感動しました。
◎建具・壁どれもあまりに美しくびっくりしました。
 
**************************************
 
新築の住宅見学会は、これからも協働者の枠を広げつつ
進めていこうと考えていますが、
民家の再生や、木を使ったマンションのリフォームなど、
今後は、いろんな事例を紹介するべく企画してみようと思います。
ただ、モデルハウスではなく、あくまでプライベートな空間ですから、
受け入れる側も、訪問される側も、お互いの心遣いが必要だと思います。
今後はそんな工夫が必要だなぁと反省させられました。
ご参加の皆様、そして、お力添えい頂いたお施主様、
本当にありがとうございました。
 
*****************************************
以下、写真で少しだけご紹介したいと思います。
(良い写真が撮れておらず恐縮です。)
 


外観
 


玄関。作りつけの下駄箱の天板は松。
 


玄関ホールは、茶室でよく使われる掛け込み天井。(杉の赤柾) 
 


和室へとつづく廊下。奥様の趣味、茶事にもつかえる畳敷き。
 

二間続きの和室。座敷は茶室の基本である黒縁、次の間は縁なしの減農薬イグサ畳。
 


トップライトがあり、電気を付けなくても明るいリビング。
 

ダイニング。斜め天井の天井板は30ミリの杉の厚板。
 


タモ材で作成した、オリジナルの台所廻り。
 

洗面所は床・壁・天井すべてヒノキ張り。家具はタモ材のオリジナル。
 

風呂の壁・天井はヒノキ板張り。

コメント(4)

コメント(4) “「土と木の家」完成見学会を終えて”

  1. Dream Writeron 2010年5月24日 at 21:53:16

    お写真を拝見してなんだか深呼吸したくなりました(笑)
    木の香り、新しい畳のいい匂いが画面か漂ってくるようです。

    日々の暮らしが、心からくつろげる、贅沢な時間になりそうですね。
    本当に素敵です!

  2. ゆきむらon 2010年5月24日 at 23:10:04

    写真ありがとうございます!
    大盛況おめでとうございます。
    一人でも多くの方が目覚めてくれることを。。。

    多種多様の木を適材適所で使われているようですね。
    うらやましい限りです。。。。

    施主様はきっと寿命が延びますね^^

  3. adminon 2010年5月25日 at 8:25:06

    Dream Writer さま

    ありがとうございます。
    感性豊かなDream Writerさんには
    ぜひとも味わっていただきたいなぁ。
    深呼吸したくなる家の空気を。^^

  4. adminon 2010年5月25日 at 8:28:49

    ゆきむらさん

    >写真ありがとうございます!

    そう、ゆきむらさんのリクエストがあったので
    掲載させていただきました。
    喜んでいただいたようでよかったです。

    >施主様はきっと寿命が延びますね^^

    先日まさにそんな話を、施主様としておりました。
    この家に住めるのだから、あの世へは行きたくないと
    仰っておられましたよ。

コメントを残す