2015年 12月 18日

スギ~資源活用 数寄屋造り

カテゴリー 住まいのモノサシ

今回は、二つの時代の「杉だらけ建築」の話です。
日頃は「二つの杉普請」と言っていますが、
「普請」という言葉の説明が必要なので今回は避けました。
魚は「切り身」で見ても、魚種を見分けられる人はけっこう多いように思います。
でも、木の場合は、建築士であっても樹種を見分けられないという人が増えています。
食べ物と一緒で、切り身から、元の素材を想像できたら、
そして、作る過程をイメージ出来たら、
もっと住まいづくりは楽しくなるのではないかと思います。

コメント(0)

コメントを残す