2014年 10月 20日

住まいのモノサシ㉕ 不動産取引

カテゴリー 住まいのモノサシ

平成20年を境に住宅政策は大きく変わりました。
新築からストックへと舵が切られたのです。
来年以降は、中古住宅の評価方法が変わるようです。
これまで年数だけで一律だったものが、建物ごとに評価されるようになる。
近い将来に地価は3分の1になる、という話もリアルに感じられる世の中。
土地に依存した資産評価に何の意味があるというのでしょう。
良い住まいとは何か、これからはその本質が問われるようになって欲しい。
そう思います。
 

コメント(0)

コメントを残す