アーカイブ 2009年8月

2009年 8月 20日

これからも木の家はつくりつづけられるのか?

カテゴリー イベントのご案内

来月の9月18日(金)19:00より、福岡市舞鶴の「あいれふ」にて
林材ライター赤堀楠雄さんの講演会を開催します。
赤堀さんの記事は、↓こんなところで読めます。

●職人がつくる木の家ネット「赤堀楠雄の林材レポート」
http://kino-ie.net/index/akahori

●中日環境NET(中日新聞)
http://eco.chunichi.co.jp/column/column02/2009/06/post-2.html#000040

●私の森.JP
http://watashinomori.jp/knowledge/message_03.html

  
cimg5791.JPG
 
九州民家フォーラム2009
「これからも木の家はつくりつづけられるのか?」
日本中の山林を歩きつづける林材ジャーナリスト
赤堀楠雄が語る「日本の森林と木材の現状」
***************************************
 環境問題が共通認識となり、住宅の長寿命化が
家づくりにおける中心的なテーマとなってきました。
長年風雪に耐えてきた木組みの民家が今、注目を集めています。
 ここで素朴な疑問が浮かびます。
「長寿命住宅に使えるような優良な木材は、 これからも手に入り続けるのだろうか?」
これはもっとも根源的な課題であると思います。
日本の森林は果たして、増えているのでしょうか?減っているのでしょうか?
また、木こりから大工さんまで、木に携わる人々の生業は継続可能なのでしょうか?
 日本中の山林や木の建築現場を歩き、森や木に携わる人々を追い続ける人がいます。
林材ジャーナリスト赤堀楠雄さんです。
今回は、これまで氏が見てこられた日本の森林と木材の現状を語って頂きます。
そして皆さんと一緒に、これから森や木とどのように関わってゆけばよいのか、
考えてみたいと思います。
「木を見て森を見る」ことを願って。。。
 
講師:赤堀楠雄氏 プロフィール
1963年生まれ、東京都出身。
大学卒業後10年余、林業・木材業界新聞社を経て
99年より林業・木材分野の専門のフリー・ライターとしての活動。
全国の森や林業地に赴き、常に当事者の立場を深く理解しようとする
真摯な姿勢と確かな取材視点には定評がある。
オフには東京・奥多摩の森や東信州の農村で、
山仕事や農作業の基本を勉強中とのこと。
著書に「図解入門 よくわかる最新木材のきほんと用途」
(秀和システム)がある。
 
日時:平成21年9月18日(金)18:30開場 19:00開演
 
場所:あいれふ 講堂 (福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号)
 
会費:1,000円
 
問合せ先:NPO日本民家再生協会 九州沖縄地区委員会
      福岡市大手門3-7-13 エステート芳賀2階
       FAX : 092-725-8240 (城戸まで) 
       Email:sub.box-caracara@crest.ocn.ne.jp
    (お名前、人数、連絡先を明記の上お申し込み下さい。)
 
主催:NPO日本民家再生協会 九州沖縄地区委員会

コメント(4)

2009年 8月 19日

日田杉のルーツ「宮園津江神社」

cimg5897.JPG
(宮園神社にて) 

すっかり久方ぶりの更新となりました。
この間いろんな出来事がありました。そしてたくさんの出会いもありました。
本当に充実しています。心より感謝します!^^
さて本日は、すでに10日前となってしまいましたが、
「日田杉の原点」を訪ねた旅をご紹介しようと思います。

cimg5861.JPG
 
8月9日午前中、日田市(旧上津江村)の山林を訪ねました。
ここには樹齢70年ほどの展示林があります。
数多くの杉の品種が植えられ、成長の違いなどが観察できるようになっています。
cimg5862.JPG 

その後、すぐ近くにある100年を超えた美林を見学しました。
この杉は、奈良の吉野杉の苗木を移入してあります。
cimg5868.JPG
(何か聞こえますか~?^^)
 
昼食は、お楽しみの「つゆ草」にて!
tsuyukusa0808091.jpg
この日だけの特製ランチ。愛子さん手製のお料理はいつ食べても美味っ!でした。^^
ホントに感動します。ごちそうさまでした~!!
 
そして午後は、この日のメインである宮園神社を訪ねました。
cimg5909.JPG
縁起を少し・・・
津江神社は、老松大明神社を主柱神とし、天神七代、地神五代が祀られています。
当柱の創立は治安3年(1023年)、日隈四郎藤原信弘により宮原に創建され、
その後仁安3年(1168年)に現在地の宮園に遷宮されます。
樹齢300年を超える挿し木植林による杉林は、日田杉のルーツである、と言われます。
cimg5880.JPG
(↑↓多くの方が氣をチャージされていました。^^ 下の写真は人が米粒のようですね、笑)
cimg5888.JPG
 
つづいて九州最古の庭、伝来寺庭園へ。
cimg5926.JPG
伝来寺は延元3年(1338年)、長谷部信雄が大智禅師を迎えて開いたのだそうで。。。
 
最後に、日田市旧大山町にある国指定重要文化財民家「矢羽田家住宅」を訪ねました。
cimg5949.JPG
筑後川流域特有の杉皮葺き屋根、九州にしか見られない分棟型の民家が特徴。
杉皮の屋根の後ろには、なだらかな杉山が・・・(笑)

cimg5952.JPG

こんな杉一色の一日でした。みなさんお疲れだったかも・・・と心配でしたが、
参加者からいただいたメールに
「杉の精気をいただいたせいか、帰宅しても、いつもの倦怠感に襲われずに済みました。」
の一言があり安心しました。
それにしても、この記事を振り返りながら思います。。。
 
写真、、、「緑」ばっかですよねぇ~^^




コメント(6)