アーカイブ 「板倉建築」

2017年 9月 15日

板倉の家「ちいさいおうち」プロジェクト 完成見学会 in 霧島


2016年熊本地震の震災支援から「板倉の家ちいさいおうちプロジェクト」は始まりました。
そして、それを機に集った設計者、職人の手によって、
この夏、鹿児島県霧島市に新たな板倉建築が産声をあげました。
手刻みで、クレーンも使わず、人の手のみで棟上げしました。


床面積約15坪、カネ勾配の平屋の建物は10月から漢方調剤薬局として歩みはじめます。
漢方薬も板倉建築も植物の力を最大限に引き出し活かす点で同じと言えます。
高樹齢の杉が放つ美しさをぜひご覧ください。
8月11日・山の日に上棟、9月23日・秋分の日に完成見学会という、
板倉建築特有のスピード感もご体感いただけましたら幸いです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

日時 2017年9月23日(土)
    13時~17時
   (24日もご要望あれば個別対応します)
 
場所 鹿児島県霧島市国分中央4丁目
   漢方薬局 どんぐりとネコ
   (詳細は杉岡までご連絡ください)
 
設計 : 田上健一(九州大学大学院芸術工学研究院)
施工 : 堂薗隆博(堂薗建築)
木材 : 杉岡世邦(杉岡製材所)
技術指導 : (一社)日本板倉建築協会
 
お問い合わせ (有)杉岡製材所 杉岡世邦まで
当日は堂薗、杉岡がご案内を担当させていただきます。

コメント(0)

2016年 9月 01日

「伝統木構造の会」シンポジウム(日田市)

9月3日(土)15時より、「伝統木構造の会」のシンポジウムが日田で開催されます。
主催者の呼びかけにより満員御礼に近いそうです。

コメント(0)

2016年 9月 01日

英彦山訪問。スギ文化のルーツを考える。


28日、30日と英彦山を訪ねた。
樹齢1300年といわれる鬼杉と初の対面。
なぜ、日本の山々は杉に覆われるようになったのか。
長年追いかけてきた疑問の答えに迫る手がかりをつかめたと思う。
一道無為心。迷わず進もう。

コメント(0)

2016年 7月 26日

板倉建築の技術をつかって、再生を図る。


「くまもと新町古町復興プロジェクト」の鏑矢となるのか。
敷地内で唯一、形をとどめたこの土蔵を、修理して活用する計画がはじまろうとしている。
柱をはじめ、骨組みの劣化はけっこう進んでいる。
でも、ここに住む住人は、この建物を使いつづけようと決意した。
少しでもお役に立ちたい。
 

JR豊肥線、肥後大津駅前にある土蔵。4間×14間という広さがある。
 

北面の柱は腐朽と蟻害で全て末期的状況。建っているのが不思議なくらいに傾いている。
正直、初見では、残すことに肯定的な感情を持てなかった。
ところが、建物から少し離れたとき、まったく違うものが見えた。
この建て物がなければ、肥後大津駅前の風景は、
日本中どこにでもある新興住宅地とさして変わらないではないか・・
近視眼であったことに気づかされた。
 

肥後大津駅前の風景をただノスタルジックに残すのでなく、そこにあらたな活気を生み出したい。
駅前で「和氣(わき)」という古民家カフェを営む篠塚さんの思いに感動した。
http://ameblo.jp/f-waso/entry-11725581439.html

コメント(0)

2016年 7月 26日

西原村ちいさいおうち内覧会


7月23日、西原村「ちいさいおうち」の内覧会を開催しました。
 

 

お祓いには、英彦山の習わしに則り、西原村を流れる緑川の河口の海水を用いました。
 

「ちいさいおうち」は、屋根裏にも壁にも、あえて断熱材を入れていない。
断熱材を入れなければ、屋根裏は通常、サウナ状態となる。
ところがここは気持ち良い。風がぬけ汗がひいていく。
4畳の空間に5~6人もいるというのにである。
心地よい空間をつくる。それを導くのは断熱材ありきの外皮がすべてではない。
住まい手が選択できる余地を残すことが重要であるし、そもそも自然だと思う。

コメント(0)